シトリン 宝石用原石情報 Citrine

シトリン 宝石用原石情報 Citrine

シトリンは最も手に入れやすい宝石の一つで、フランス語でレモンを表す“citron”から名づけられています。そして多くのシトリは水分を多く含んだレモンの様な色をしています。

シトリンは黄色、金色、そしてオレンジがかった茶色をしています。明るく、手に入れやすいシトリンはどんなジュエリースタイルにも似合い、特にゴールドジュエリーにはとても良く似合います。 

古代にはシトリンは邪悪な思想と蛇の毒から守る名と考えられて・「ました。

一般的にはMadeiraシトリンと呼ばれる濃いオレンジ色をしたシトリンが、最も価値あるシトリンとされてきましたが、今日ではパステルカラーが程よくミックスされた明るいレモン色をしたシトリンが多くの人に好まれています。シトリンは一般的にアメシストより安値で様々なサイズとシェイプが豊富にあります。

殆どのシトリはブラジルで採掘されます。採掘はブラジルのRio Grande do Sul州の特にSerra鉱山で行われ、1ヶ月に300kgが採掘されます。また、Iraa鉱山では1ヶ月100kg採掘されます。

時々、シトリンはトパーズクオーツと呼ばれますが、これは間違えです。この名称は以前、トパーズに似た色のシトリンの色を表すときに用いられました。トパーズは別の鉱物である為、この名称は紛らわしく使われるべきではありません。しかし、シトリンは11月の誕生石であるトパーズの代わりとして考えられています。

市場にでている殆どのシトリンは、アメシストを加熱する事によって、金色に変化している為、強い光や熱に近づけてはいけません。そうする事によって、シトリンは何世代にも渡り輝き続けるでしょう。