ガーネット 宝石用原石情報 Garnet

ガーネット 宝石用原石情報 Garnet

ガーネット

ガーネット - これらはアンティークジュエリーでしばしば見いだされる素晴らしく濃い赤い宝石ではありませんか?これはただ部分的な真実に過ぎません。暖かく、そして濃い赤がガーネットで一番多い色だからです。
ガーネットには、もっとずっと多くの明るい、 そして美しい色があることを知っている人は残念ながらほんの少しの人たちです。ガーネットの伝統的なイメージは、主にアフリカからの豪華な発見物によって明るいものに変わりました。赤が主要な色のまま残っているけれども、ガーネットには利用可能な色が多いので、ファッションで容易にどんな新しいカラー傾向にでも順応します。
新しい産出により、このような色合いのものの確実な供給があります。このすべてはまさしくこの宝石ファミリーがなぜ今日の宝石イベントに新しい刺激を提供し続けることに成功するか説明します。

専門家は、類似の化学構造を持った10以上の異なった宝石のグループの種類として「ガーネット」を理解するでしょう。赤い色は、もっとも多い色であるにもかかわらず、ガーネットにはグリーン、明るい黄色、火のようなオレンジ、すばらしい地球や陰のシェードのような異なった色合いを示すものもあります。
ブルーだけがガーネットにない色です。ガーネットは需要の多い石でよくジュエリーに加工されます。特に今日は、伝統的な色である赤のみでなく、ブルーやグリーンが大切にされます。しかし中間の色合いも非常に人気が高いです。
そのうえガーネットの中には、アステリズムや日光と人工的な光線では色が変化するものもあります。

他に何がこの宝石ファミリーを特徴づけますか?まず第一に、モース硬度が7-7.5あることです。多少の差がありますが、これはガーネットグループ全体に当てはまります。そしてこのことが身に付けるのに大変適しているということの説明になります。ガーネットはとても頑丈で、毎日の使用することに耐え、裂けにくいです。そしてジュエリーにするのが楽です。強く打ったときとか放置された熱とかには弱いでしょう。もう1つのガーネットの良いポイントは光の高い屈折で、ガーネットの驚くべき輝きの理由です。原石の形は興味深いです。結局のところ、ガーネットは「ざらざらしたもの」を意味し、そして「穀物」を意味しているラテン語の単語” granum “からきています。これは、典型的なラウンドカットのガーネットやザクロの種を思い出させます。中世においてガーネットは、ドイツでは “Karfunkel”と呼ばれ、火花を思わせる燃え盛る赤に関連しました。今日市場においてアリゾナルビー、アリゾナスピネル、モンタナルビーまたはメキシコルビーのような想像力豊かな名前が使われています。

ガーネットはすでにノアの箱舟を照らしました。

ガーネットは何千年もの間広く知られていました。ノアでも、暗闇の中を安全に箱舟を操縦するためにガーネットのカンテラを使いました。ガーネットは古代エジプト、ギリシャやローマ時代のジュエリーに使われていました。ガーネットは人気が高いお守りであり、保護をしてくれる石と考えられていたので、多くの勇気ある冒険家や旅行者は保護のために身に付けました。何故なら、当時ガーネットは闇を照らし、悪魔から守ってくれると信じられたからです。
今日科学が我々にガーネットのことわざの輝きが光の高い屈折によって起こされると説明します。

ガーネットには色々な色があるのみならず、色々な名前があります。即ち、アンドラダイト、デマントイド、グロシュラーライト、ヘソナイト、ロードライト、ツァボライト、スペッサータイト、ウワロワイトなどです。最も重要なものに焦点を合わせて、赤いガーネットから始めましょう。まず最初に、燃えるような赤いパイロープがあります。その燃えるようなそして少し銅色の赤は、18,19世紀に大変人気が高かったです。当時世界的に有名だったのは前ボヘミア王国の北東から産出されたボヘミアガーネットでした。それは小さい石ですがすばらしい色です。ヨーロッパでそれらはビクトリアの時代に宝飾品に頻繁に使われました。この純粋のボヘミアのガーネット宝飾品は、ザクロの種のようにセットされた多くの小さい石で伝統的に飾られています。

ガーネットは今日でもまだチェコ共和国で見いだされます。そして石は伝統的な方法でしっかりと留められ、古典的なガーネット宝飾品の魅力は石の美しさによって引き起こされています。

典型的な「バラ花形の飾り」の大きなセンターストーンは通常ガーネットですが、これらはもう1つのカテゴリーから来ます。古代の宝石の町アラバンダにちなんで名前をつけられたアルマンダインは、パイロープとは化学構造が違います。どうしてこれらがセンターストーンとして好まれるのですか?それはパイロープは小さいサイズで、アルマンダインは大きなサイズだからです。
もう1つの赤いガーネットの種類にロードライトがあります。この結晶はアルマンダインとパイロープが混ざったものです。人気が高いこの赤いガーネットは、すばらしい紫又はラズベリー色の地の色を持ったすばらしいビロードのような赤色です。元来アメリカ合衆国で発見されて、それは最近主に東アフリカ、インドとスリランカの宝石鉱山で採掘されます。

ガーネットのカラフルな世界

きわめて稀なガーネットの種類に至るまでのすばらしい発見は、世界中の専門家を当惑させました。ナミビアとアンゴラの国境のクネネ川で、明るいオレンジから赤いスペッサタイトガーネットまでの驚くべきすばらしい発見がありました。スペッサタイトはそれが最初に発見されたドイツのスペサート山にちなんで名づけられました。伝説的な鉱山がナミビアで発見されるまで、スペッサタイトは収集家にとっての珍品あるいは稀なものとしての存在でした。
それが本当に稀なものであったので、ほとんど宝飾のために使われませんでした。しかし、この発見でジュエリーのための宝石の世界が変わりました。
これ以後、例外的に素晴らしくそして明るくオレンジレッドの宝石が提供されました。「マンダリンガーネット」という取引名が作られ、そしてこの素晴らしいオレンジ色のガーネットはほとんど一晩で世界中に有名になりました。不幸にも遠いナミビアの山中の鉱山は、ほんの数年間利用されることができただけでした。孤立した潅木地帯で宝石の存在を予測することは、もっともっと複雑で費用がかかるものになっていきます。良質の宝石の中でこの新しい石は、一部のカッターからほんの少し入手できるだけということは予想されました。しかしながら、今回はナイジェリアで、オレンジ色の貴重品が見つかったので、又センセイションがおきました。その色と輝きがナミビアの石に非常に似ているので、経験をつんだ専門家のみが区分けをすることが出来るでしょう。

そして緑のガーネットに焦点を合わせましょう。緑のガーネット -それは本当に存在しますか? もちろん!数種類の緑のガーネットあります。まず最初にグロシュラーライトがあります。これは黄色からグリーンそしてブラウンまでの多くのすばらしい色があり、多くの中間色があるので特に大事にされました。そしてこれは地球の色です。20世紀の最後の年にセンセイショナルな発見がありました。それは大規模なグロシュラーライトの存在がマリで発見されたことです。マリガーネットはすばらしい輝きのため、大変魅力的です。この輝きは、通常あまり人気のないブラウン色のものまで魅力的で鮮やかにします
多分最も有名な緑のガーネットはツァボライトあるいはツァボリスで、もうひとつのグロシュラーライトです。ニューヨークのティファニーは北東タンザニアで英国の地質学者キャンベル・R・ブリッジィズによって1967年に発見されていた石をツァボライトと命名し直しました。エメラルドグリーンのこの石は、その発見された所の近くの有名なツァボ国立公園の名前を取って名付けられました。ツァボライトは鮮やかな明るい色のものからビロードのような濃いグリーンまであり、他のガーネットと同じように著しく高い輝きがあります。

緑のガーネットのスターは鑑識家と愛好家のための宝石デマントイドです。
この石はダイヤモンドより高い屈折があります。ロシアの有力な法廷宝石商カールファバージは、他のいかなる石よりももっとウラル山脈からの明るい緑のガーネットが好きで、彼の創作でそれを使うことを好みました。今日では、デマントイドはナミビアで発見されたためにマーケットで見ることが多くなりました。ナミビアからのデマントイドは、良い色と輝きがあります。しかしながら、それらは一部の特徴に欠けます。ロシアのデマントイドを識別する特徴である素晴らしい薮のような包含物いわゆる「ホーステール包含物」がありません。

それぞれのファッショントレンドのための宝石の色。

もしあなたがインドの夏の清浄な自然さと太陽がいっぱいの暖色が好きであるなら、あなたはガーネットによって見せられた色にほれ込むでしょう。
今日これらの石は主にアフリカ、同じくインド、ロシア、中央そして南アメリカから来ます。全世界のカッターの熟練者は多くの伝統的な形と共にデザイナーによるよりいっそう近代的なファンシーな形にカットします。
ガーネットは、一般に自然でそして処理されていない美しさ、色の豊富さとすばらしい輝きがあるので魅力的です。もしあなたがガーネットの宝飾品を買うなら、あなたは永久に自然からの贈り物を楽しむことは確かです。

Description copied with friendly permission of :
© created by ICA Gembureau Europe • Idar Oberstein • Germany