マンダリン ガーネット Mandarin Garnet

マンダリン ガーネット 宝石用原石情報 宝石用原石情報 Mandarin Garnet

マンダリン ガーネット

10数年前に宝石の取引に最初にマンダリンガーネットが現れた時は、夜空の
火のようなコメットでした。このオレンジレッドの石のすばらしい色と優れた輝きはとてもユニークであると専門家も愛好家も認めました。この石は何の種類の宝石で、どこから来たのでしょうか。

目を閉じて少し想像してください。アフリカ….静かな山々と人里はなれた川の向こうのオレンジレッドはナミビアの北西部の夕方の空です。次の定住地までは車でおよそ9時間離れています。温度はここでは極端です:夏には40~50℃が通常です。他方冬に温度がほとんど氷点下に下がります。何世紀もの間いかなる文明社会から離れて、クネネ川は山の中をナミビアとアンゴラの国境に沿っていました。この遠く、そして孤立した場所は近代的な世界によって触れられることなく置かれた最後の所が、1991年に最初のマンダリンガーネットが見いだされた所です。雲母と雲母粘板岩に埋められて、それらが何百万年も前に存在するようになったまさしくその同じ場所において、専門家の注意を引いた特別な色と透明度の、小さい結晶が発見されました。
宝石学テストの最初の理論と推測が正しかったです:オレンジ色の石は実際珍しいスペサタイトの変種で、そしてカラフルな大ガーネットファミリーのメンバーであったことを証明しました。これまでのところスペッサタイトはスリランカ、ビルマ、マダガスカル、ブラジル、オーストラリアで発見され、ケニアとタンザニアでも同様に見いだされていました。しかしそれは愛好家とコレクターのために珍しい石であって、まだほとんど宝石のために使われていませんでした。この状況の理由は単純でした:それは宝石鉱山で本当に良い色と品質でだけ提供されるのは稀でした。しかしながら、ナミビアからの結晶は例外的に素晴らしい、強烈に明るいオレンジのものでした。そして太陽がすでに地平線に沈んだ時、最後の光の濃いレッドオレンジできらめきさえしました。それは、今までに利用可能だった何よりも更に美しく、すばらしいものでした。
ほとんどインクルージョンがないことは、「インペリアルガーネト」の外観を妨害しません。

宝石のカッターを通じて、原石がすばやくマーケットに出ました。
ファセットすることにより、独特な色と輝きが出るので、ほとんどの石はファセットされます。不幸にもクネネ川の鉱山はまもなく開発されました。初めに石はそこで鉱山の表面において直接見いだされました。しかし、時間が過ぎるにつれ、掘削は更に深く、そしてもっと深くて行われなければなりませんでした。その結果はより少なく、より少なくなりました。他方経費は増加し続けました。それで最終的に鉱山は生産を断念しました。さらにナミビアの遠い潅木地域で探鉱することはあまりにも高価で、そしてあまりにも複雑であったでしょう。熱狂的な愛好者グループをとても早くひきつけることに成功していたこの宝石が、ごく一部のカッターの在庫からのみ手に入るということは、取引業者と愛好家にとって残念なことでした。

現実の流星

この美しい宝石は、宝石の世界市場で短時間の間に流星となりました。最初は
その名前について業者とジェモロジストの間で若干の意見の相違がありました。
一部の人は、このすばらしいオレンジ色からオレンジレッド色の石を、場所の名をとって「クネネ スペッサタイト」と呼びました。また他の人たちは「ホランダイン」と呼びました。しかしすぐに「マンダリンガーネット」という呼び名が世界市場に広がりました。それから、この石は世界中でその成功した登場をしました。そしてクネネ川の鉱区ではたった一個の石も残ってないにもかかわらず、この非常に適当な名前は今日まで使用されています。1994年頃、オレンジ色をした石が今度はナイジェリアで発見されました。
経験豊かな専門家はその相違に気付くことが可能であるであろうけれども、それはナミビアからのマンダリンガーネットにとても似ていました。この産地は、
隣接するベニム州に近いナイジェリアの一番南西部に位置しています。
鉱山は潅木土地で以前の川床に位置しています。雨の季節の間は、鉱山から水を取り除くためにポンプが必要になります。「ナイジェリアからの美しく、明るいオレンジ色をしたマンダリンガーネットが市場に出ました。その中に1ct以上のサイズのものが出てくるようになりました。以前需要のあったこの石の補充になることを我々は喜びました」とガーネットの専門家であるイーダーオーバーシュタインのトーマスリンドは、この新しい宝石の魅力に熱狂的でした
現在、マンダリンガーネットは最高品質は稀ですが、再び量的に可能になりました。

オレンジは生命の喜びと個性を象徴します。

なにがマンダリンガーネットを特別なものにしているのでしょう?
もちろん最初にその色です。時々地の色にブラウンを持ちますが、熟した桃の色から濃いレッドオレンジまでのオレンジ色です。この色は、生命のエネルギーと喜び、個性そして冒険心を表します。オレンジ色を身に付けている人は、
気づいたことを抑制しません。この色は自信を示します。それは間違いなく社交的な人々のための色です。けれどもオレンジにただそれだけでないものがあります。たとえば、オレンジ色は東洋美術では西洋美術以上に重要な役割があります。アジアの神々はしばしばオレンジのローブを着ています、そして空さえオレンジに塗られるかもしれません。オレンジ色を作る二つの色である黄色と赤色は、アジアでは相対するものでなく、お互いに補完するものと考えられています。オレンジは、一つの布から切り取られた仏教徒の僧侶の衣の色です。
ここで、オレンジは、すべての生命が受ける変化を象徴しています。
どんな存在でもアクティブな男性のヤンの原則と受動的な女性インの間に相互関係の永久のプロセスであると解釈されます。再び、両方の原則が正反対ではありません、しかし彼らは変化し続けて、そして絶えずお互いに影響を与えます。生命は変化を意味します。黄色は他のどの色よりも永久の変化を象徴します。しかしながら、マンダリンガーネットはユニークな宝石とする更なる利点を持っています。一方においては十分な硬度です。これは複雑な石でなく、どのような状況でも合います。他方、大変高い屈折率があり、特別な輝きがあります。不都合な光の状況下でも、小さなブリアンカットで、インクルージョンがないマンダリンガーネットは鮮やかにきらめくでしょう。そして加えるにその稀なことです。現在と同じくらいの量が、あとどのくらい長い間利用可能か誰も予測できません。色、輝き、硬度そして稀少さがこの美しく取り扱いが簡単な宝石を特別なものとしています。それでこの石を見るや否や、スタイルに強い感覚を持っている人が叫ぶでしょう:これは私の石です!