クンツアイト ピンクの中で 宝石用原石情報 Kunzite

クンツアイト ピンクの中で 宝石用原石情報 Kunzite

クンツアイト ピンクの中で

鉱物スポジューメンに属する青みがかったピンクから薄紫色のクンツァイトは
今世紀の初め、伝説的な学者、宝石学者、そしてテイファニーのバイヤーであったジョージ クンツ氏に敬意を表して名付けられました。The curious Lore of Precious Stoneの著者によれば、クンツは宝石の伝説、古い話、新しい宝石や鉱区を世界的に調べました。

クンツアイとはアメリカのコネテイカットで初めて発見されました。しかし商業的に十分な量の鉱区は、1902年にカリフォニアのパラ地方で発見され、ここではモルガナイトも初めて発見されました。クンツァイトはモルガナイトやピンクトルマリン、他のピンク色の宝石と一緒に採掘されることが多いです。今日では、クンツァイトのほとんどはブラジル、アフガニスタン、マダガスカルで採掘されています。

世界で一番大きなクンツァイトはワシントンDCのスミソニアン博物館にある標本です。宝飾用に使われるクンツァイトはこれより格段に小さい物ですが、良い色は大きなサイズのものです。良いピンク色のものは少なくても10cts以上であるべきです。

クンツァイトはコーツと同じく比較的硬い石ですが、気をつけて取り扱うべきです。何故なら、ダイヤと同じくヘキカイの為に強く当たったり、落とし所が悪かったりすると二つに割れます。色が徐々に退職することがあるので、クンツァイトは熱や強い光線に長時間当てることは避けるべきです。