クォーツ 宝石用原石情報 Quartz

クォーツ 宝石用原石情報 Quartz

クォーツ:普通のカメレオン

もしあなたが水晶球の中をじっと見るなら、あなたは用途が広い宝石、地球上の最も人気が高い宝石の1つを見るでしょう。
美しいクォーツ、古代に水晶球とボールを作るために使われる「ロッククリスタル」は、今日ゴールドジュエリーにセットされているのをよく見ます。アメジスト、シトリン、アメトリン、ローズコーツ、オニックス、アゲート、クリソフレーズ、ルチルコーツ、その他のコーツはその人気にもかかわらず、価格が安いために多くの人が受け入れています。

歴史を通じて、クォーツは、ダイヤモンドからヒスイまでのより高価な宝石のために代理として、宝石のカメレオンでした。けれどもクォーツの信じ難い多種多様さは今正当に評価され始めています。

パープルからヴァイオレットのアメジスト、イエローからオレンジのシトリンは人気が増加し続ける宝飾品の要です。アメトリンは一つの宝石の中にパープルとイエローを持つアメジストとシトリンの合体した物です。カルセドニーの異なった色とタイプは、彫刻された宝石が認められるようになったので人気が出てきました。そして ドウルーズイクォーツ、この石の表面はきらきらしたクオーツでカバーされてい増す。又内部に光る金の針による風景画を持ったルチルコーツのような特別なコーツが特別なジュエリーに多様性と芸術的美しさを与えています。

ローズクォーツ

クーツの青白いピンク、それは透明から半透明ですが、ローズクオーツとして知られています。色は非常に青白いピンクです。透明なローズクォーツは非常にまれであって、そして通常非常に青白いので、大きなサイズのものを除きあまり色が出ません。半透明のローズクオーツはもっと利用可能であって、そしてビーズ、カボション 、彫刻と建築の目的のために使われます。

スモーキークォーツ。

スモーキークォーツ茶色の透明なクォーツで、特別なカットに使われることがあります。は茶色の宝石に対する限定された需要のために市場が限定されています。この石は過去においてスモーキートパーズとして知られていましたが、これは誤りです。何故ならこの鉱物はトパーズでなくクオーツだからです。

タイガーアイ

タイガーアイクオーツはゴールデンイエロー色を引き起こすブラウンの鉄を含んでいます。カボションカットに切られた石がトラの目に似ているシャトヤンシー(表面の上の光の小さい光線)を示します。この石は、南アフリカ、オーストリア西部、ビルマ、インドそしてアメリカで採掘されています。

ロッククリスタル

ァ明、無色なクオーツはロッククリスタルとして知られています。永い間、ロッククリスタルは、氷がぎっしり詰ったものであると考えられていました。クリスタロスは{凍った」の意味です。最も良いロッククリスタルは水の明快さとちらちらする光を持ちます。
無色のクォーツが比較的普通であるけれども、大きい完ぺきな標本はクオーツではありません。それゆえに最近はクリスタルボールがガラスから作られている理由です。ロッククリスタルは特に彫刻品としてジュエリーに使われます。多くの魅力的なアール・デコ宝石デザインが、ロッククリスタルとオニックスの黒、そして白いクォーツの組み合わせを優れた特徴としました。クオーツの力に関する伝説の人気ゆえに
無色のクオーツが人気が高くなりました。多くの人々がクォーツ結晶を身につけることは人の健康と精神に役立つと信じています。

ルチルクオーツとトルマリンクオーツ

インクルージョンのない透明なクオーツが価値がある一方、ある種類の石ではインクルージョンゆえに価値があります。これらの最も人気が高いものはルチルクォーツとして知られています。ルチルクオーツは、透明なロッククリスタルでルチルの金色の針がパターンで配列されています。すべてのパターンが異なっています、そしてあるものは圧倒的に美しいです。インクルージョンは時々ヴィーナス髪と呼ばれます。あまり良く知られていない物に、トルマリンのようなクオーツがあり、金色のルチルの代わりに黒やダークグリーンなトルマリン結晶を持っています。黒やダークグリーンなトルマリン結晶を持っています。

カルセドニー

ひとつの結晶で形成されるのでなく、細かい粒状の結晶で出来ているのがカルセドニーです。カルセドニーの種類は、透明なクオーツより多いです。メノウは縞があり、ブラッドストーンは緑地の上に赤いスポットがあり、モスアゲートはベジタルパターンを持っています。ジャスパーは時々風景画の絵のようにみえます。もうひとつの主なものは黒いオニキスやカルセドニークオーツで、その黒い色は昔から今まで続いている染の技法によります。昔評価されたカルセドニーであるカーネリアンは、鮮やかなブラウン系オレンジ色と透明度を持ち、認印付のリングとシールのために人気がありました。クリソフレーズは明るいリンゴのようなグリーンの透明なカルセドニーですが、もっとも価値があります。
この石は、明るい緑の石好きであったフレデリック大王の特にお気に入りでした。
これはセントウエンセラス チャペルを含む美しいプラハで、建物を飾っているのを見ることが出来ます。クリソフレーズはオーストラリアで産出されます。クロムやバナジュームにより緑の色が出る宝石とは違って、クリソフレーズはニッケルからその色を得ています。その明るくムラのないいろは、ビーズ、カボション、カービングにするのに適しています。