ルベライトトルマリン 宝石用原石情報 Rubellite

ルベライトトルマリン 宝石用原石情報 Rubellite

ルベライトトルマリン

ルベライトトルマリンは、トルマリンファミリーの中で特別な美しさをもった宝石です。 その色は「赤」から「ピンク」で、最も美しい色合いにかがやいています。

トルマリンには、自然によって供給される多くの異なった色合いがあります。
トルマリンの各種類に、夫々異なった名称をつけるのでなく、どちらかといえば、トルマリンの名のもとに新しい色を付け加えています。しかし、この取り決めに例外があります。このことは特に赤とピンクの石に当てはまります。

赤やピンクのトルマリンは、最も薄いシェルピンク、大胆なピンクそしてから深いルビー色の赤まで多くの異なった色合いがあります。しかしこれらの中から選ばれた少数の物だけが「ルベライト」と呼ばれます。この名前は、ラテン語で「赤」を意味する”rubellus“から来ています。しかしルベライトは単に赤又はピンクのトルマリンではありません。この例外的に美しい宝石ははっきりした特徴を示します。日光と人工的な光でのその堅実な色を示します。実際、多くの宝石が光の源によってそれらの色を変えます。ルベライトは色が変わりません。これは人工光線下と同じように、太陽光の下でも鮮やかに輝きます。
これに対して、たいていの他のピンクや赤いトルマリン の色は、人工的な光の下で多かれ少なかれ茶色っぽい色合いを示します。

インクルージョンが正当に評価されました。

一般的に色石の良質物では、インクルージョンがないことが望まれますが、ルベライトの場合はインクルージョンが大目に見られ、それらが石をいっそう面白くするので、ある程度歓迎さえされます。もちろん、これは包含物が本当にごく小さくて、そして光の屈折を妨げないことを前提とします。さもなければ石は鈍く、あるいはミルキーのように見えるでしょう。いずれにしても、ルベライトで、小さいインクルージョンがある石は、明らかに目に見えるインクルージョンを示して石より一層貴重であるでしょう。大多数の石はブラジル、マダガスカル、モザンビーク、ナイジェリアとパキスタンで見いだされます。
美しいピンクのルベライトが、アメリカで発見されました。

誘惑的な赤。

この石の色は誘惑の典型です。その構成は赤、ピンク、そして紫です。これは生命の喜びと欲望を表す典型的な色の調和です。魅惑的な色石の世界において、エロテイックなセンスを見せるものは他にはありません。ルベライトの色は、紫と同じようにピンクを含みます。この二つの色の構成要素は、魅惑的な赤を強調する完全な引き立て役です。幸いなことに、ルベライトには色々な色があります。それで、全ての女性が自分に最も適しているルベライトを選ぶことが出来ます。彼女はただそれを見いだしさえすればよいです。そしてこれはまったく容易な問題ではありません。あなたが2個以上の同じ色合いの石を探しているとき、それはさらにいっそう難しくなります。しかしながら、この宝石の贅沢さと美しさに気付いた女性はルベライトを楽しむでしょう。

Description copied with friendly permission of :
© created by ICA Gembureau Europe • Idar Oberstein • Germany