サファイヤ ブルーを凌ぐ美しさ 宝石用原石情報 fancy Sapphire

サファイヤ ブルーを凌ぐ美しさ 宝石用原石情報 fancy Sapphire

サファイヤ:ブルーを凌ぐ美しさ

サファイヤはブルーと同意語と考えられることが多いです。貴方はサファイヤブルーの海を描写する事は容易でしょう。しかしながら、サファイヤはブルーを凌ぐ色々の色があります。赤はルビーと呼ばれるのでこれは除きます。

ブルー以外のサファイヤは、美しく、ブルーに比べると稀ですが、一般的に値段は安いです。黄色、オレンジ、ラベンダー、そしてその他のパステル色のものは特に入手可能です。

何故なら我々の先祖が、ルビーとサファイヤが同じ鉱物とは思わなかったので、我々はピンクをどちらに区分されるべきかとジレンマに陥りました。ずっと以前に、赤い色以外すべてのコランダム鉱物をサファイヤと呼ぶことに決めました。そして赤い色はルビーと呼ばれました。けれどもピンクは薄い赤です。
世界色石協会(ICA)は、赤が終わり、ピンクが始まる所を確定するのは難しいので、薄い色合いの赤はルビーの範疇に入れるという決議を通過させました。実際は、今、ピンクはピンクのルビーあるいはピンクのサファイヤとして知られています。いずれにしても、これらの宝石は、コランダムファミリーの中で最も美しい物です。

最も貴重なファンシーサファイヤは、オレンジピンク又はピンクオレンジの蓮の花の「パパラチャ」と呼ばれる物です。パパラチャサファイヤは非常に稀で、その定義は常に論争される問題でした。世界中の業者や鑑別機関がこの石の正確な色合いについて異なった意見をもっています。ある業者は、これはスリランカサファイヤの薄い色のものに限らず、タンザニアのウンバ ヴァリーからの赤みのあるオレンジの物も含むべきであると論じます。パパラチャサファイヤは、良質のブルーの値段に近いプレミアムで売られます。パパラチャの定義は論争中でも、それは新鮮なサーモンとサンセットの色の微妙なブレンドであるこれらの希少で美しい宝石は論争される物ではありません。

その他のファンシーサファイヤで人気があるのはイエロー、オレンジ、ラベンダー、紫、青味を帯びたグリーンです。

一般的に、色がクリーアーで生き生きしていればいるほど、より貴重です。
もしパステル色であるなら、クリーンな石であるべきです。何故なら、薄い色ではインクルージョンが見えやすいからです。取引においては、一般的にクリーンな宝石が好まれます。薄い色の宝石では、カットが非常に重要です。それは、石のテーブルから入った光が反射して均等にもどってくるようにすべきです。それによって鮮やかですばらしい物になります。もっと濃い色では、カットはそれほど重大ではありません。何故ならその色自体がインパクトを与えるからです。どんな色でも、サファイヤはその耐久性と何世代もの間楽しめることを併せ持ちます。