スピネル 宝石用原石情報 Spinel

スピネル 宝石用原石情報 Spinel

スピネル   コレクターのお気に入り

スピネルはすばらしい詐称者です。世界中のルビーの王冠の多くはスピネルです。最も有名なのがブラックプリンスルビーで、170ctのレッドスピネルです。これは長い歴史の後に、英国の王冠の中でインペリアルステート冠に飾られました。ヘンリー5世は、戦いの時のヘルメットの上にこれを身に着けていました。エリザベス女王によって所有されるテイマールビーは、352ctのレッドスピネルで、この石を前に所有していたムガール皇帝の紛れもない家柄が刻んでります。

ビルマで最も美しいスピネルが採掘されますが、1587年頃、他の宝石と別個の宝石として認知されました。他の国では、その後何百年にもわたって、この区別がされませんでした。スピネルはその色や産地に関したモbalas rubyモであるとよくいわれました。

今スピネルはその輝き、硬さ、広範囲な色により、業者そしてコレクターにとってお気に入りです。美しい赤色に加え、美しいピンクやパープルの色合いもあります。最も重要なのが生き生きとしたピンクのもので、オレンジの色合いも伴っています。これはビルマで
採掘された各種の宝石の中で最も目をみはらせるもののひとつです。スピネルは美しい
ブルーのものもあり、コバルトスピネルと呼ばれますが、とても稀な石です。

スピネルは研究所で人工的に作られ、誕生石のイミテーションとして使われる物もあるので、「スピネル」の名前を聞くと「合成石」を思う人が多いです。彼らは一度も本物を見たことがありません。

実際上、スピネルがもっと知れわたらない理由は希少性です。良質なスピネルは模倣した
ルビーより稀です。ごく少数の人達だけがこの宝石を好きになるチャンスがあるので、奇妙なことにスピネルは手に入れることが出来ます。スピネルは、ビルマに加えて、スリランカ、タンザニア、タジギスタン、そしてロシアの一部でも採取されます。

スピネルは全てのジュエリーに使用できるとても丈夫な石です。オーバル、ラウンド、クッションシェープにカットされ、その希少性ゆえに同一サイズにカットされることは現代ではありません。