マルチカラートルマリン 宝石用原石情報 Multicolor Tourmaline

マルチカラートルマリン 宝石用原石情報 Multicolor Tourmaline

マルチカラートルマリン

トルマリンは事実上、ユニークなカラーの奇跡です。たった一つの色のみを示す結晶は少なく、通常同じ結晶が色々な色合いを示します。それでトルマリンファミリーだけが、色に関し男性と女性のすべての気まぐれに対応するために十分な種類を持っています:色の領域はほとんど無限です。

自然は時々、本当に特別な結晶を生み出します。それは洗練されたマルチカラーにカットされます。あなたはこれがどのように可能であるか知りたいですか?トルマリンは数々の徴候の中で、アルミニュームとボロ珪酸塩の複合体の混ざった結晶です。それは本当に鉱物の中の複雑なグループです。
構成物質の小さい変化さえ、完全に異なった色をもたらすでしょう。自然に生成された結晶がまるっきり違う色を示すことは不可能でしょう。その結晶は編み針のように小さいか又は太腿のように厚いです。 あるものはほんの少し陰になった色を示し、他は明確な色とクリアーな色の領域を示します。そしてトルマリン結晶は、他の石の中に成長していくので、そのクロスしているところでは核の周りにしっかり結合した三角形を示します。

何がスイカを貴重なオブジェクトとしますか?

二つあるいはそれ以上の、より強い色を示すこのような石を特に皆が欲しがります。これらのトルマリンは、形と色により、マルチカラーやバイカラーとして取引されます。あるものは非常に興味深い名前を得ました。例えば、ほとんど無色で一方に黒い色がある結晶は、「ムー族の頭」とよばれます。もし先端が赤いなら、これは「トルコ人の頭のトルマリン」と呼ばれたものでした。中心が赤のバイカラートルマリンで周辺が緑のものは、「スイカのトルマリン」と今でも呼ばれています。そしてもしも色が他のものの上にあると、ブラジルでは”Parageios”又は「レインボートルマリン」と呼ばれます。

このトルマリンの、最も重要な鉱山はブラジルとアフリカです。しかし、スリランカやマダガスカル等、世界中の他の鉱山からも、自然からの贈り物としてこの美しい宝石の形でもたらされます。それは数多く色合いは我々を驚かせます。

個性の化身

トルマリンはジュエリー用の石としてのみならず、癒しの石としても人気があります。トルマリンのエネルギッシュな伝導性と豊富な鉱物要素によって、リクリエーションと建設的な効果があります。この石は働くのに適しています。何故なら毎日身に付けるに十分な硬度があるからです。それぞれの石が他と異なっているので、美しいマルチチカラーのトルマリンは、個別の宝石デザインに適しています。これのほかに、この世界中に存在する鉱山の宝石が、それぞれ特定の色の違いを見せるでしょう。しかしながらこの事は、カッターが色を合わせることを困難にしています。同じ原石から二個の石をカットするときでも、違った色になることが多くあります。しかしこの特徴がトルマリン、特にマルチカラーを魅力的にしています。このような石は大変需要があります。
それぞれの石が、ユニークなオリジナルであるという事実は宝飾職人やデザイナーが魅力的なセンターピースとして使うことを促します。

Description copied with friendly permission of :
© created by ICA Gembureau Europe • Idar Oberstein • Germany