アメトリン 宝石用原石情報 Ametrine

アメトリン 宝石用原石情報 Ametrine

アメトリン:紫を紡いで金色へ

あなたはアメシストの紫とシトリンの黄金色両方が好きですか?あなたは熱狂的なミネソタ・バイキングスファンですか?
私はあなたの為に完璧な宝石があります! 時々、アメシストとシトリン両方の色が同じクウォーツの結晶の中に見られます。この黄色と紫色の2色から成る水晶系の宝石をアメトリンと呼ばれます。

アメトリンはアメシストとシトリン両方の宝石をアメトリン1つ分の値段で手に入れる事が出来ます! アメトリン世界でたった1ヶ所の鉱山からしか産出されない事を考えると、アメトリンの値段は決して高くありません。

ボリビアのアナヒ鉱山はペルーを征服したスペインがアヨレオス族のアナヒと言うプリンセスと結婚した際の持参金として,17世紀に受け取った事で有名になりました。

アメトリンは一般的にアメシスト50%、シトリン50%の割合で長方形にカットされます。時にはテーブル面にチェッカーボードカットを施し、輝きが増す様にカットされます。アメトリンは2つの色をブレンドする様にカットされる為、黄色、紫色、桃色が石の中に見られます。また、アメトリンは芸術的な研磨職人の手によって、風景を石の中に描く様に、研磨、カービングされる事でも有名です。

アメトリンは様々な種類のジュエリーでの使用に適した宝石です。ほとんどのサイズ、形が使い方に応じてありますが、黄色と紫色のコントラストがはっきり顕者に出るのは、7ct以上の宝石だと言われています。

そこで、2種類のクウォーツを1個分の値段で手に入れられる時、あなたは妥協しますか?