アクアマリン 宝石用原石情報 Aquamarine

アクアマリン 宝石用原石情報 Aquamarine

最も明るい空色から海の深い青までーアクアマリンは通常様々な色合いのブルーを示します。それは本当に魅力的な石です。アクアマリンがどんな顔色や目の色にも似合う素晴らしいライトブルーの為、世界中の女性がほしがります。そして、創造的な宝石カッターはしばしば、新しいカットのインスピレー・Vョンを他の石ではなく、アクアマリンから得ています。

その明るいブルーは同調、信頼、調和、あるいは友情を生じます。アクアマリンのブルーは空の色、という事はつまり神、そして永遠の色です。アクアマリンのブルーは元気づける特性を持った色でもあります。そして、その色は実際、海のライトブルーを取り込んだ様な色をしています。伝説によると、有名な人魚の胸飾りに起源を持っていて、長年に渡り、船員の為の幸運な石であると言われていました。その名前はラテン語で水を表すAQUA、海を表す_MARE″からその名前来ています。恋人や夫婦に幸せな結婚をもたらし、その所有者を幸せで金運をもたらすとされています。

すばらしい特性を持った宝石 

アクアマリンは最も人気の高い宝石の1つで、多くの素晴らしい特徴を持っています。アクアマリンは以前より、ルビー、サファイア、エメラルドに比べ少なく、モース硬度7を持ち、驚く様な輝きを発します。鉄の成分がアクアマリンブルーの発生起源となり、ほとんど無色に近い薄い青から明るい海の色までを発します。ブルーが濃い程、アクアマリンとしての価値があります。一部のアクアマリンが少し緑がかった色合いを示しますが、これも一般的な色です。しかし、本当に純粋なブルー、欠点が無い透明度、強い輝きが大切とされています。

サンタマリアはあなたの胸の鼓動を速くする。

この素晴らしいベリルの明るい青はより他の多くのブルーを持つアクアマリンがあります。サンタマリアという非常に深く濃いブルーのアクアマリンが、ブラジルのSanta Maria de Itabira鉱山で発見されました。そしてそれは、一般宝石愛好家の似た色のアクアマリンがアフリカ、特にモザンビークの鉱山で産出しています。この石をサンタマリアと区別する為、これらの石を_Santa Maria Africana″と呼ばれています。ブラジルEspirito Santo州のEspirito Santoのアクアマリンは他のサンタマリア程、濃いブルーではありません。もう一つ、美しい色として有名なのが、ブラジルのビューティークイーンの名前を付けられた_Martha Rocha″があります。

色の名前が既にアクアマリンの主な産出地として、ブラジルが重要なことを指摘しています。世界の市場に流通するほとんどのアクアマリン原石は、南米の国々より流通しています。時折、欠点がない透明度とすばらしい色の大きなアクアマリンの結晶が発見されますが、これらの宝石が採掘できる所は非常に少ないです。時々センセーショナルな大きさの石が見つかることがあります。1910年には、ミナス ジェライスのマライムバで110.5kgの結晶が採掘されました。又、”Dom Pedro”と呼ばれる26kgの結晶があり、これは1992年にイーダーオーバーシュタインでムンスタイナーによってカットされ、カット石としては今までにカットされたアクアマリンで最も大きい物です。アクアマリンはナイジェリア、マダガスカル、モザンビーク、アフガニスタンやパキスタン等の
その他の国でも採掘されます。

現代のデザイナーが好む石です。

近代的な宝石デザインで、アクアマリンのように用途が広い使い方がされる他の宝石はありません。伝統的なステップカットや、近代的なファンシーカットにされたアクアマリンの透き通った透明度は常に魅力的で、美しいです。カットされない石でも、インクルージョンがある石でも、デザイナーが新しいカットを創造するときにアクアマリンは理想的な石です。デザイナーはこの石を大好きな石と名付けました。繰り返し繰り返し、新しいそして近代的なカットで我々を驚かせます。そしてアクアマリンで精巧な細工をすることを好むように思われます。これらの独創的なデザイナーのカットは、疑いなくこの石の人気を高めるのに貢献しました。アクアマリンの薄い色はインクルージョンを見つけやすいです。それゆえ、アクアマリンは可能な限り透明であるべきです。しかし、カットのデザインにより、インクルージョンを使って特別な効果を出すような、特別な魅力を石に加えることができます。アクアマリンの薄い色は、デザイナーがこの石の特徴と輝きを引き出すために、特別に自由な創作を可能にします。このようにして、アクアマリンは夫々独自の物となり、女性が我慢することが出来ないでしょう。