エメラルド 宝石用原石情報 Emerald

エメラルド 宝石用原石情報 Emerald

エメラルドは魅力的宝石です。
エメラルドは最も美しく、最も深い、そして考えうる限り最も素晴らし緑色、即ちエメラルドグリーンです。包含物が許されます。そしてそれにもかかわらず、高品質の物はダイヤモンドよりさらにいっそう貴重です。

エメラルドの名前は、フランス語の"esmeraude"に由来し、ラテン語やギリシャ語の”smaragdos"に遡り「緑色の宝石」を意味します。
この素晴らしい宝石には数えきれない冒険物語があります。南米では今でもエメラルドが産出されますが、古代のインカ族やアステカ族でさえこの石を神聖な石として崇拝しました。しかしながら、おそらく知られている限り最も古い事象は紅海の近くに位置しています。
これらの宝石鉱山は西暦紀元前3000年と1500年の間にエジプトのファラオによってすでに利用されていて、「クレオパトラの鉱山」の名前で名声を得たけれど、そこが再発見されたときには、既にエメラルドは出なくなっていました。

何世紀も前にヒンズー教の古代の聖書に、高価な緑の宝石とそれらの治癒力、即ち「エメラルドは幸運を約束します」または「エメラルドは貴方の健康を増進します」ということが書かれています。インドのマハーラージャとマハラニスの宝物箪笥には大変素晴らしいエメラルドが入っていたことは、驚きではありません。世界で最も大きいエメラルドの1つが「モーグルエメラルド」です。それは1695年にさかのぼりますが、217.80カラットの重さがあって、そして高さおよそ10センチです。この石の1つの側面に祈祷が刻まれ、他の側に華やかな花装飾が彫られてあります。この有名なエメラルドはロンドンのクリスティーのところで匿名のバイヤーにより220万米ドルで競売にかけられました。 

エメラルドは古代からずっと皆が欲しがりました。従っていくつかの最も有名なエメラルドが博物館と収集家に称賛されます。例えば、ニューヨークの博物館がゲヒンガー皇帝の所有であった純粋なエメラルドのカップのみでなく、632カラットのコロンビア エメラルドの結晶を展示しています。ボゴタの銀行によって所有されるコレクションは、220カラットのものから1796カラットの5個以上の貴重なエメラルド結晶です。同じくイラニ州の宝物の中にエメラルドで飾られたものがありますがそれらの中に前女帝ファラのテイアラがあります。

生命、光のグリーン

エメラルドグリーンは生命のそして永遠なる春の色です。何世紀間も、それは同じく美しさのそして永遠の愛の色でした。古代ローマでも緑色は愛と美の女神ビーナスにささげられた色でした。
今日でもグリーンが特別なポジションを持つ多くの文化と宗教があります。例えば、グリーンはイスラム教の神聖な色です。アラビアのすべての州のリーグスポーツは、緑の旗で宗教の統一を象徴しています。カトリック教会でも礼拝式の色の中でグリーンは最も自然なそして基本として考えられているように重要な位置にあります。

素晴らしいエメラルドグリーンは調和、愛と生命の喜びを伝達する色です。プリニーが「グリーンは目にやさしく疲れさせない」と指摘しているように、今までにこのユニークな色についてあまりに多くを得ることができません。グリーンが新鮮で、そして生命でいっぱいで、決して単調でないと特徴づけられます。
そしてこの色が明るい日光と人工的な灯火の間で徐々に変化をしていく時、エメラルドグリーンはどのような色合いの下でもその鮮明なエネルギーを維持するでしょう。

自然の指紋

その色の生き生きした輝きによりエメラルドはユニークな宝石となっています。しかしながら、内包物が印象を損なうので、良質な宝石は稀です。素晴らしい包含物は、結局価値を減らしません。エメラルドで内包物はあるけれど、色が濃くて鮮やかなものは、内包物はないけれど色の薄い石より高く評価されるでしょう。専門家はその宝石にとって特徴的な結晶内包物を「ジャーデイン」と呼びます。

この石は何処の産地ですか、なぜ受け入れられているのでしょうか。この質問に答えるためにエメラルドが生成された6500万年前の歴史を回顧しなくてはなりません。科学的、鉱物学的見地からエメラルドは7.5~8の硬度を持つベリリューム アルミニューム ケイ酸塩です。青いアクアマリン、青白いピンクモルガナイト、ゴールデンへリオドール、と青白い緑のベリル のようにエメラルドもベリルのファミリーです。純粋なベリルは無色です。エメラルドが形成されるプロセスで、ほんのわずかな成分が加わった時にのみ色が出ます。
エメラルドは、わずかなクロームとバナドユームによりすばらしい色が出ます。このような成分は地球の地殻で集中的に存在し、ベリリュームのある場所とは全く違い、そこにはエメラルドは決して存在しません。
しかしながら、極端な地質構造の過程で、これらの反対の成分は集められ、そして高熱と高気圧の下で結晶する過程の中で最も美しい結晶の1つを作りました。エメラルドが生成される過程で、地質状態の緊張によりいくつかのより小さいものか、あるいはより大きい乱れが起こりました。エメラルドの中をルーペや顕微鏡でのぞくと、このユニークな宝石の鮮明で天然の生成過程について語ってくれるのが分かるでしょう。すなわち内部に大小の亀裂があるかもしれません。多分小さな結晶や小さな気泡があるかも知れず、そして色々な構造が識別されるかも知れません。生育段階でこれらの現象のいくつかが時の経過と共に癒されて鋸状の三層インクルージョンを示します。これはコロンビアエメラルドの典型的特長で、キャビテイが液体で満たされ,その中に小さなガス泡と結晶を含んでいることがしばしばあります。

論理的に、このような生成の歴史はより大きい結晶が欠陥なしで増大することを事実上不可能にします。
そのために、本当に良い色と良い透明度のより大きいエメラルドが見いだされるとき、それはまれなことです。そのことが、このような素晴らしいエメラルドがそれほど貴重である理由です。

素晴らしいエメラルドの世界。

コロンビアは良質なエメラルドの主な産出国です。およそ150の採鉱サイトがそこで知られています、しかしこれらすべてが現在利用されているわけではありません。この鉱脈でいちばん有名なのはムゾーとチボールです。そこではインカ時代にエメラルドを採掘していました。経済的に最も重要な鉱山はコスケスです。コロンビアの現在の生産の3/4がコスケスにある60位の鉱区からであると推測されています。

 コロンビアのエメラルドは、青色を含まないその良質なすばらしい緑色によって他の産地のものと区別されます。産出される場所によってエメラルドの色は変化するかもしれません。この魅惑的な色は、世界中で欲しがられ、肉眼でハッキリ見ることのできるインクルージョンがあるものでも受け入れられます。しかしコロンビアでは時々珍しいものがあります。例えば「スターのあるトラピチ」とか特に珍しい「エメラルドキャッツアイ」です。
確かにエメラルドの最も良い、そして最も素晴らしい品質のものがコロンビアから産出されるけれど、石の「産地」が自動的に欠点がない品質を保証すると考えることは間違いです。
良質のエメラルドが同じくザンビア、ブラジル、ジンバブエ、マダガスカル、パキスタン、インド、アフガニスタンあるいはロシアのような他の国で見いだされます。特にザンビア、ジンバブエとブラジルは良質のエメラルドに対する国際的な評判を獲得しました。ザンビアのエメラルドは、良い透明度を示していて美しい、濃いエメラルドです。その色はコロンビアの石のそれより通常もっと濃くて、しばしば青みがかっています。ジンバブエの有名なサンダワナ鉱山のものは、一般に小さいが、鮮やかな濃いグリーンでしばしば黄色がかっています。現在のブラジルのノバエラ鉱山は、有名なコロンビアのエメラルド鉱山に対抗しています:この鉱山の美しいグリーン色は近隣国の宝石と競争しています。アフリカとブラジルで存在が発見されたことにより、以前より大量に産出できるようになりました。

気まぐれな宝石。

十分な硬度はエメラルドを傷つくことからある程度守ることが出来るでしょう。しかしそのもろい構造と多くの亀裂は石をカットしたり、セットし、そしてきれいにする際、いくぶん問題があります。エメラルドのカットは、多くの内包物やでこぼこの結晶で値段が高いことにより、熟練工にとってもいつも新しい挑戦を意味します。しかしこのことは、熟練工がこの魅惑的な宝石に魅惑を失う理由とはなります。彼等は、特にエメラルドのために、特別なカットを開発しました。いわゆるエメラルドカットです。
その傾斜したエッジを持っている長方形か、あるいは正方形のカットの明確なデザインは完全に高価な宝石の美しさを強調します。しかしながらエメラルドは、多くの伝統的な形にカットされます。
けれどももし原材料が多くの包含物によって筋があるなら、それは丸いカボションとして、あるいはエメラルドパールとしてしばしばカットされます。そしてそれはインドで特に人気が高いです。

多くのエメラルドが今日オイルあるいは天然の樹脂で処理されます。これは習慣的です。しかしエメラルドは未熟な取り扱いに、しばしば非常に敏感に反応します。例えば、エメラルドは超音波で洗ってはいけません。カットの工程で使われたり又は表面のクラックに使われた物質は、洗浄する過程で取り除かれ、品質の低下を招くでしょう。そのために、手をどんな種類の洗剤に浸す前に、エメラルドリングは常に外すべきです。

信用の問題。

エメラルドが最も美しい宝石の一つであるだけでなく最も価値ものの一つなので、残念ながら多くの合成と模造品があります。これらの詐欺に会わないためにどうしたら安全と思いますか。この最も良い戦略はあなたの信用のおける専門家から宝石を買うことです。特に大きいエメラルドは、有名な鑑別機関の証明書が付いたものを買うべきでしょう。そこでは、近代的な分析により合成石と天然石を区別し、その石にどのようなトリートメントがなされているかを知らせてくれるでしょう。

そして今エメラルド購入するための最後の1つのアドバイスは、色石ではより大きいものが好まれるべきです。小さめの石を豪華にデザインしたジュエリーがありますが、エメラルドは他の色石と同じく大きなサイズの方がよいよい輝きがあります。あなたの完璧なエメラルドがどれぐらい大きくあるべきであるか 、これはあなたの個人的な好みや予算によります。
本当に良い品質の大きいエメラルドはまれです。最高の品質のエメラルドの価格は同じ重量の等しく大きいダイヤモンドの価格より高いでしょう。エメラルドはユニークな魅力を持った宝石です。