イエロートルマリン 宝石用原石情報 yellow Tourmaline

イエロートルマリン 宝石用原石情報 yellow Tourmaline

イエロートルマリン

トルマリンは色の事実上の奇跡です。グリーンや赤だけでなく無色や黒、又は
マルチカラーやカラーチェンジ、キャッツアイがあります。
考えられる全ての色合いで、数えきれない色が入り混ざって存在します。通常ない色さえトルマリンでは存在します。しかしながら、最近まで「レインボー宝石」によって示された色の限りない範囲に、1つの顕著なギャップがありました。純粋な黄色の色合いが欠けていました。今日までに見つかったイエロートルマリンは、少しブラウンがかっていました。 しかしトルマリンは色々な色があるのみならず、常に驚きの対象でした。たとえば、90年の初めに、すばらしいブルーグリーンからトルコ石の色までのトルマリンがブラジルのパライバで見つかり、突然市場に・てきました。

その間世界中の最もカラフルな宝石は、別な色でまたもう一度我々すべてを驚かせました。そして今回は、それは長い間なかった黄色でした。アフリカの南東部のマラウィで、2000年の秋に美しいイエローを含む原石が発見されました。この新鮮な色は春を思わせ、そしてこれらのトルマリンは、クリーンで最も素晴らしい緑がかった色合いを示します。これは「カナリア」と名付けられて、市場に出ています。

これらの宝石はトルマリンの非常に面白い種類です。これらの蛍光性のある黄色は、マグネシュウムによります。発見された時、すべての原石がすばらしい黄色を示すわけでないので、カットする前に700℃で加熱します。
このような処理に失敗すると、色は茶色の地色を保持するでしょう。トルマリンは異なった見地から見るとそれぞれ違った色合いと彩度を示すのが特徴なので、宝石の改良はそれぞれに成功しているといえます。このような場合、加熱することによって二番目の色、少しブラウンがかった色を切望される明るい黄色に変化させます。この種類の処理は多くの種類の宝石にしばしば応用します。そして結果は常に逆にできません。

より大きい黄色のトルマリンは、しかしながら、マラウイでさえめった発見されません;結局のところ、採鉱された全ての石のおよそ10パーセントだけが宝飾品に適しています。カットされた後、採掘された石の95%以上が1ct以下です。

けれども、それにもかかわらず、すべてのトルマリンのように、マラウイからのカナリア _ イエローがモース硬度7から7.5まであるので、身につけるのにとても適しています。

この石には他と違う特別な特質があります。それは良い匂いです。これを身に付ける人によって登録されたのでなく、カッターの正確な手、技術、専門知識を使って最終の形を決め、可能な限りの新鮮な色を引き出そうとします。「良い匂いを持った宝石です」と経験豊富なカッターはこの石が好きです。

宝石がなぜ匂いを持っているのですか?説明は、実際、非常に簡単です。
この石の採掘場所で、トルマリン原石は黒い物質の中に埋め込まれています。
もちろん石が取り出される前この物質は取り去らねばなりません。ある日、マラウィにある宝石鉱山のオーナーの一人が、レモンを加えた水でこの黒い不快な物質を煮ると、簡単に取り除けることを発見しました。そしてそれ以来、マラウィからのイエロートルマリンはその色が新鮮なレモン色をしているのみならず、少なくともカットされるまでは、良いにおいがしています。

Description copied with friendly permission of :
© created by ICA Gembureau Europe • Idar Oberstein • Germany